ホーム > 交通事故よくある症状

交通事故よくある症状

交通事故による主な症状

交通事故による主な症状

交通事故による症状の中で、最も多いのがむち打ちです。
むち打ちとは、交通事故の衝突した衝撃で頭部が激しく左右前後に揺さぶられることで、頚部などに障害が発生することをいいます。
炎症程度のものから、神経に障害が及ぶものまで、その症状は様々あります。

<主な自覚症状>
頭痛・首や腰の痛み・めまい・吐き気・耳鳴り・食欲不振・脱力感・コリ・手足の痺れ・筋緊張・胃腸等消化器系統の機能低下等

外傷については、脱臼・骨折捻挫や打撲などがあり、関節の痛みやしびれ・だるさなどが自覚症状として現れます。
むち打ちは後から症状が悪化する可能性もありますので、上記症状の他にも気になる点等ありましたら、
いつでもご相談ください。

首の痛み

首の痛み

後ろから車が追突した場合、首に痛みが残るケースはよくあります。
その中でも、首の運動範囲・稼動範囲以上に首が大きく振られることで、筋肉、関節や靱帯などが損傷してしまい、首の痛みや肩の痛みなど、頚椎捻挫型と呼ばれる症状があります。

特徴としては、首のこりや強い筋肉の張りや違和感を感じ、通常ではいれない状態を言います。
この症状は、むち打ち全体の約70~80%を占めていると言われています。

手足の痺れやだるさ

手足の痺れやだるさ

交通事故による強い衝撃によって、手足にしびれやだるさを感じる事があります。
時と場合によって、吐き気やめまいを感じる事もあります。
寝返りを打つ事が困難になったり、歯磨きをするのにも時間がかかり、一苦労するといったように、
何かと日々ストレスを感じる事が多い症状です。

また、むち打ちの一つに神経根型と呼ばれる症状があります。
神経根が強く圧迫されたり、神経を引き抜くほどの大きな力が働いたことが原因と言われ、
しびれ・脱力・手足が重いといった症状が生じ、くしゃみや咳、首を回す、首を後ろにそらす
といった事で更に症状が悪化する事もあります。

腰の痛み

腰の痛み

むち打ちは、首など上半身にばかり症状が表れとよく勘違いされますが、むち打ち症による痛みの半分近くは腰痛にあると言っていいでしょう。

腰痛の一番の原因は、自律神経の異常による自然治癒力の低下にあるといわれていますが、むち打ちの腰痛にいたっては、現代の医学においてもまだまだ解明されていない点が多いと言われています。
強い外傷や衝撃によって腰痛を発症しますが、さほど強い外傷や衝撃でなくても、1~2週間後に腰痛に悩まされる事もあるからです。(後遺症症状)

むち打ちによる腰痛のほとんどの原因は、急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)が挙げられます。
外部から強い衝撃で体の重心がずれてしまい、その強い衝撃によるずれを支える事が出来なくなり、腰椎・仙腸関節を捻挫してギックリ腰と似たような症状が表れるのです。

その他の症状

その他の症状

交通事故による症状は、首や手足、腰以外にも非常に多くに渡り、ケースバイケースです。
関節や筋肉、背中・膝・肩・肘など全身におよび、それぞれ症状が異なります。
大事なのは明確な原因を突き止めることが、症状改善には最優先事項になります。

よって病院でレントゲン検査をし、問題がその時になかったとしても、レントゲンで写らない部分が一番ダメージを受けているケースがほとんどです。

当院は丁寧に患者様目線でカウンセリングを行い、様々な観点から症状の原因を突き止めます。
レントゲンで写っていなくて、問題がなくても、交通事故の後遺症で悩まされる事のないように、当院での治療をおすすめいたします。

新着情報

一覧を見る

7月19日(火)より、木曜日、金曜日の施術時間が
8:30~12:00 15:30~20:00に変更になります。

よろしくお願い致します。

アクセス

 

院名
やまもと鍼灸整骨院

住所
〒596-0812
大阪府岸和田市大町370-2

診療時間
月~金
8:30~12:00 15:30~20:00


8:30~12:30

休診日
土曜午後、日曜

お問い合わせ